カードローンは金融機関が発行したカードを利用した個人向け融資のこと。カードを作る際にあらかじめ借入可能な限度枠を設定して、その限度枠内ならば自由に何度でも現金自動預け払い機や現金自動支払機を通して現金を借り入れることができます。
最近ではクレジットカードやキャッシュカードでも借入できる場合も多いです。

基本的に銀行系以外は借入総額は年収の3分の1までとなっています。


カードローンは借入申込者の本人確認と信用のみで融資を受ける事ができ、借入金の使途も問われることがないので、様々な目的で利用することができるので人気があります。

カードローンには保証人は必要ないが、申し込みの際には金融機関および保証会社の両社で審査を行うこととなります。

審査の結果、保証会社の保証が受けられない場合はカードローンを利用することはできません。

お金は簡単に借りられないということは認識しておきたいです。カードローンには次のようにいくつか種類があります。

銀行系カードローンは借入総額の制限が無く、金利も圧倒的に低い。

カードローンの低金利が気になる方はこちらへご来訪下さい。

消費者金融系カードローンは、審査が早く当日に借入でき、運転免許証か保険証があれば、その他の書類は必要ありません。
そしてクレジット機能の付いた信販系カードローンは、1日ほどでカードが発行され、キャッシングとショッピングの両方で使用できる。


カードローンは主にこの3つから成っている。

カードローンのサービスも多様化してきて、低金利から一定期間無利息のものまである。借りる側にしてみれば有難い話です。


カードローンの返済方法は、多くの場合一括返済ではなくリボルビングという分割払いとなります。



毎月同じぐらいの金額で返済できるので負担は少ないです。



会社によって返済方法は異なるので確認しておきたい。
返済日も自分で何日かの候補から選べるものや、指定されているものまで色々あるので、こちらもよく確認しておいた方がいいでしょう。

返済内容をよく確認して計画的な利用を心がけたいものです。



Copyright (C) 2014 カードローンは金融機関が発行したカードです All Rights Reserved.